International No-Nukes Activities

International No-Nukes Activities · 24. September 2018
Zum Abschluss einer internationalen Tagung zum Thema Atomkraft-Katastrophe in Fukushima (21.-23.9.20 in Frankfurt/M.) forderte ein internationales Netzwerk aus japanischen Klägern, Anti-Atomkraft-Gruppen, Atomrechtsexperten, Kirchenvertretern, Medizinern und Journalisten die japanische Regierung und den Energieversorger TEPCO dazu auf, alle Betroffenen zu entschädigen und aus der Atomkraft auszusteigen. Das Netzwerk warnte auch vor einem politischen Missbrauch der Olympischen Spiele 2020.

三月9日にオーストリア リンツ市の脱原発サミットに参加、日本の反原発抗議活動について公演させて頂きました。オーストリアは全国の原発のない国ですが、隣の国のドイツ、チェコ、ハンガリーという三ツの国は原発、あるいは最終処分場、又は中間貯蔵施設という施設が一杯あり、建設予定もありますので、大変な怒り、不安がしますね。オーストリアの色々な地方、州などの政治家たちは国際的な裁判やEUのレヴェルで反原発政策を行なっています。政治家は活動者と繋がっています。オーストリアの事についてもちょっ分かさせて頂きよかった。