· 

アンドレアス・シングラーの講演

 

アンドレアス・シングラー日本学者及びフリー・ジャーナリストとして色々な講演、取材をしています。ドイツでは日本の反原発運動と福島原発事故後の現状を取材し、ドイツ語で<さよなら原発>本を出版した。2019年4月―5月、日本でドイツの脱原発への道とエネルギーシフト についてパワー・ポイントで講演する予定しています。講演時間は30分と二時間の間です。日本語で。関心を持っている方々はご連絡ください。2019年4月25日から五月22日まで又来日予定。


『ドイツの脱原発への道とエネルギーシフトの今』 ー 公演のお知らせ

2019年4月6日

日本の関係者の皆

ドイツのマインツ に在住するジャーナリスト、日本社会学者アンドレス シングラーと申します。日本滞在中、取材ご協力いただいた方々に心より感謝申し上げます。

 

過去7年間、2011年の福島第一原発事故以来、日本の反原発運動、福島の状況について取材して来ました。 2018年に 「Sayoyara Atomkraft」と呼ばれるドイツ語の本を出版しました(「さようなら原発。フクシマ事故後の日本で抗議活動)。

 

https://www.andreas-singler.de:ウェブサイト上で利用可能な英語と日本語の要約があります。 https://www.youtube.com/watch?v=QxReFt6JLgI&t:YouTubeの予告編も日本語字幕付きでご覧いただけます。 又東京新聞に(2018年3月11日)本が出版される前に「さよならアトムクラフト」についての記事を書きました。

 

日本での取材中、ドイツやヨーロッパでの原発の問題、エネルギーシフト<自然エネルギー変換) のことについて、日本との共通の問題を質問されることが多々ありました。

 

これらの質問を考慮し、日本との共通のテーマ、ヨーロッパドイツの政治、エネルギー問題情勢を知りたいという要望を基に、その問題について、今回日本の関係者の皆様にプレゼンテーションを提供したいと考えております。

 

主にテーマは、①ドイツの原子力発電を終わらせる道、②ドイツへのチェルノブイリの影響、③エネルギーシフトについて。日本語でPowerPointプレゼンテーションを用意しました。

 

関係者の方で、上記講演会に関心がある 方は、メール又はファイスブックにてご連絡いただければ幸いです。 講演時間は、ご希望によりますが、30分から2時間程度。又 内容について特別に質問や知りたい内容がある場合は、事前にお知らせください。主催者と打ち合わせさせていただきます。

 

2019年春の来日予定は、4月末から5月22日まで。 その後、 9月/ 10月にまた再来日予定しております。

 

上記お知らせまで。

宜しくお願い致します。

アンドレアス・シングラー  

(ドイツ マインツ市)

 

 

Dear All!

As journalist and Japanologist from Mainz/Germany I am researching and investigating about Japan’s no nukes movement and about the situation in Fukushima after the Fukushima Daiichi NPP accident in 2011 since almost seven years.

 

In 2018 I published a German book called „Saynoara Atomkraft. Proteste in Japan nach Fukushima“ (Good Bye, Nuclear Power. Protest in Japan after ‚Fukushima‘). I want to express my gratitude for many help, support and advices I received from many people along my way. 

 

There is an English and Japanese abstract available on my website: https://www.andreas-singler.de.

 

There is also a trailer on YouTube available with Japanese subtitles: https://www.youtube.com/watch?v=QxReFt6JLgI&t. The Tokyo Shimbun (2018 March 11th.) wrote an article about „Sayonara Atomkraft“ before it was published. 

 

On my travels I sometimes met people who asked me about the situation of nukes and energy shift in Germany and Europe, and they encouraged me to offer a lecture about those issues in Japan. So recently I started to develop a PowerPoint presentation in (simple) Japanese language about Germany’s road to finish nuclear power, about the history of Germany’s no nukes movement, the Chernobyl accident's impact on Germany, and about energy shift, beside others. 

 

If there may be any interest in your area, organisation, or institution, please don’t refrain from contacting me and inviting me for a lecture. Duration of the lecture depends on the needs of the audience, may varie from 30 minutes to 2 hours. If there are special questions and needs about the contents, please let me know - in that case I may undertake special investigations in advance. 

 

My next travel larges from end of April to May 22nd. Later this year, September/October, I may be back in Japan again. 


Kommentar schreiben

Kommentare: 0