Upcoming - to be published in February 2018!

Trailer zum Buch - jetzt mit japanischen Untertiteln 予告編はこれから日本語字幕付き


English abstract

Sayônara Nuclear Power – Protests in Japan after “Fukushima”. Reports, Interviews, Translations

After the 2011 Northeast Japan triple disaster (Earthquake, Tsunami, Fukushima Daiichi nuclear power plant triple meltdown) strong protests against nuclear power in Japan occurred all over the country.

Up to 200.000 people – wrongly estimated as 20.000 by authorities – gathered in Tôkyô in summer 2012 at the time of the restart of Ôi nuclear power plant. Since those days, historically branded as the “Hydrangea Revolution”, every Friday protesters use to meet in front of the Prime Ministers residence at Nagata-chô/Tôkyô as well as at many places all over Japan. May the number of protesters has been declined since summer 2012, nevertheless no nukes events all around Japan are continuing. In addition, countless legal proceedings are undertaken to stop restarted power plant, prevent restarts or building of new ones.

Five years, between 2012 and 2017, Andreas Singler investigated inside Japans no nukes movement. Nine travels lead him to many of those places where protests appear, in the urban metropolitan area of Tôkyô as well as in Japans very countryside, to places, where nuclear power plants already stand and to those where new facilities in Ôma (northern Honshû) and Kaminoseki (Japanese Inland Sea) are being built up or continued to be planned. He met concerned scientists, critical journalists, spiritual leaders as well as many angry and despaired individual citizens trying whatever they can do in a peaceful and nonviolent ways to protect their homes and environment.

Unlike western traditional cultural stereotypes often suggest Japan appears as a country of a rich protest culture. Its roots are leading back into times far before the 2011 triple catastrophe.

Obviously lots of the post-“Fukushima”-protests are based on structures already existing before. Many protesters started their activities against nuclear power after the Chernobyl disaster in 1986. Quit a number of elders look back even into the days of the 1950’s and 1960’s social movements. No nukes protests are tightly connected to other issues as the “State Secrecy Law” (2013/14), the reinterpretation law of Article 9 of the Japanese Constitution (“Peace Article”) in 2015 as well as the “Anti Conspiracy Law” of 2017, sharply condemned by a report on behalf of the United Nations. No nukes protest in Japan can be identified not only as a fight against a risk technology mankind is unable to deal with in a safe way. More than this it is a cry for what protesters call a “true democracy”.

At several occasions the author went to Fukushima, observing a new normality as well as its faults and cracks. Also he met some of those pioneers who work on new perspectives for their home area undertaking innovative projects about renewable energies.

 

要約

さようなら原発 ― フクシマ後の日本での抗議運動

2011年に東日本で起きた三重災害(地震、津波、福島第一原発1,2,3号機メルトダウン)の後で日本の原発に反対する強い抗議運動が全国的な規模で行われました。

 

20万人ほどの人々が ― 政府により間違って2万人程度と見積もられましたが ― 2012年夏の大飯発電所再稼働の時期に東京で集まりました。その時以来、歴史的に「紫陽花(あじさい)革命」と呼ばれる抗議運動が毎週金曜日に東京・永田町の首相官邸前のほか全国各地で行なわれるようになりました。2012年の夏以降参加人数が減っていったとはいえ、日本全国の反原発運動は今日も続いています。それに加えて数え切れない訴訟が原発の再稼働や新規建設を止めるために行われています。

 

アンドレアス・シングラーは2012年から2017年までの5年間に渡り、日本国内の反原発運動を取材し続けてきました。9回の訪日で彼は首都東京だけでなく大間町(青森県) や上関町(山口県)などの地方でも、新規建設や建設計画中の原子力発電所に反対する運動を取材してきました。彼は他にもこの問題を心配する学者やフリー・ジャーナリスト、聖職者たちに会いました。そして平和的で非暴力的な方法で自分たちの住まいや環境を守ろうとしている大勢の怒り、失望している一般市民たちの話を聞きました。

 

欧米のステレオタイプな保守派が指摘するのとは違い、日本には豊かな抗議運動の文化があります。その歴史は2011年の三重災害をはるかにさかのぼります。

 

明らかな事に、ポスト・フクシマ抗議運動の構造は昔から存在しているベースに基づいています。多くの反原発運動は1986年のチェルノブイリ原発事故から始まっています。さらに数多くの年配者たちは1950~1960年代の社会運動時代を覚えています。反原発運動は例えば「特定秘密保護法 」(2013/14年)や、2015年における9条 (平和憲法) の解釈変更、国連代表者より強い批判を受けた2017年の「対テロ共謀罪」の法案可決など、他のテーマとも強く結び付いています。日本の反原発運動は、人間による安全な制御が不可能なテクノロジーに反対しているだけではありません。これは参加者たちが言うように「本当の民主主義」を叫び求める戦いなのです。

 

筆者は複数回にわたって福島を訪れ、戻ってきた日常やその中で発生している問題を観察しました。さらに彼は自分たちの故郷を新たな視点でとらえ、再生可能エネルギーなどの革新的プロジェクトに取り組んでいる先駆者たちとも話をすることができました。(翻訳 Rita Mall-Araya)


Über diese Website

Schwerpunktthema dieser Website ist die Anti-Atom-Bewegung in Japan. Nach der Dreifachkatastrophe in Nordostjapan vom 11. März 2011 mit Erdbeben, Tsunami und in der Folge dem Atomunglück von Fukushima I hat sich im ganzen Land eine breite Protestbewegung gebildet. Sie ist, auch wenn die Medien davon kaum noch Notiz nehmen, nach wie vor aktiv. Und sie hat eine lange, bemerkenswerte Geschichte, die weit in die Zeit vor der Katastrophe zurückgeht.

 

Ein weiteres Schwerpunktthema ist die Situation in der Präfektur Fukushima. Mehrere Wochen oder Monate im Jahr verbringt der Autor in der Region, um zur aktuellen Situation zu recherchieren und Feldforschung zu betreiben. Er arbeitet bei beiden Themenschwerpunkten an Buchpublikationen und Aufsätzen sowie an Vorträgen bzw. Präsentationen.

 

Weitere Themen: Olympia in Tokyo 2020, Doping im Sport, Reisen.

 

Die Seite ist derzeit noch im Aufbau begriffen. Ausführliche Zusatzinformationen gibt es mit Erscheinen des Bandes zur japanischen Anti-Atom-Bewegung (Februar 2018).

本ウェッブサイトについて

このウェブサイトの中心テーマは日本の反原発運動です。3.11 後全国の運動が起きて、彼方此方で抗議活動が沢山行われてきました。大抵のメディアが興味が無くなってしまうのに、其の運動は今も沢山あるいは定例的に活動を行って続いています。その上日本の反原発運動は福島原発事故前の長い歴史を持っています。

 

まだ、反原発運動に関する本は執筆中です。終わったら、色々な日本語の内容を加えるようにします。取材は全国中、鹿児島から札幌まで、日本海の福井県から、瀬戸内海の祝島までになりました。2012年から2017年まで、五年間かかりました。

 

他の中心テーマは福島の今の状態です。毎年、何週間も福島県を取材の為に参ります。特に復興、再生可能エネルギーのことについて取材したいと思います。これから数年間を取材したいのです。

 

その他東京五輪、スポーツのドーピングの問題や国際旅行に関心が有ります。

 

ウェブサイトは始まったばかりので、まだ組み立て続いています。「さようなら原発』と言う本の出版は2018年2月です。